harappa blog*(ハイテクフラワーからの)

旭川市の美容室「harappa」のブログです。

2017-04

歴女ではないけれど。2




これ↑ジュースのペットボトルについてたおまけ。

坂本龍馬の銅像です。

海洋堂さんの造形、もう最近じゃ素晴らしいのが当たり前という感じですね。

カットにいらしたお客様にいただきました。ありがとうございます!

で、他のも欲しくなって、コンビニに走ったけど
何故だか、このシリーズのおまけついてるジュースに巡り合えませんでした。涙


前回、おまるが幕末好きになったきっかけは、漫画だと書きました。

それって、なんて漫画なの?とご質問がありましたので
今日は、その漫画をご紹介したいと思います。


坂本龍馬という人は、一言でいうと、

「頗可愛人物」

(すこぶるあいすべきじんぶつ)です。


その魅力がどどーーーーんと満載なのが、この漫画↓


「お~い!竜馬」


原作は武田鉄矢 作画は「あずみ」の小山ゆうです。

大晦日、家族が紅白を見ている隣の部屋で
1人、忠臣蔵や白虎隊のドラマを見ていた幼かった頃の私。

ではありましたが、

坂本龍馬や幕末への想いは、なんとなく、好き?かも?くらいなもんでした。


しかし、大人になってから、知人が貸してくれたこの漫画で

コロッと竜馬大好きっ子に。

竜馬かぶれのなんばしよっと鉄矢の妄想(笑)と
史実がうまいことミックスされていて、

これを読んだら、竜馬のことを、好きにならずにはいられません。


ハイテク夫婦は、ファーストガンダムを定期的に全話見ることで有名ですが(笑)

「お~い!竜馬」も、夫婦で繰り返し読んでいるお気に入りの作品であります。

最近も酋長が再び読んで、1人で泣いてました。笑


龍馬伝見てるけど、歴史背景がよくわからないなぁ~なんて方は
サクッと読んでみることを、おすすめいたします!



そして、歴史モノ、ついでにもう一作品。

「リョウ」  上田倫子

現代、主人公の女子高生は修学旅行で、ある大男と出会う。

実は、彼は平安の世からタイムスリップしてきた武蔵坊弁慶で、

自分を迎えに来たという。

タイムスリップしたあと、記憶をなくして暮らしていたが

主人公は実は源義経だった!

えー!義経は実は、女だったの!?

二人は再び、平安の世に戻り、
源氏と平氏の戦いに巻き込まれていくのであった

・・・・・という、少女漫画です。笑


もちろん、ワイルドイケメンの弁慶と主人公・義経の恋愛もあり。笑

しかし、ただのラブストーリーでは終わらない

衝撃のラストが待ってます。

こちらも、涙なくしては、読むことができません。

いや、騙されたと思って、一回読んでみなされよ。



私の場合、歴史漫画を読むときは、
史実を調べて、その作品と比較しながら読むことが多いです。


フィクションの部分を信じきってしまい
あとで真実を知ってがっくりすることがあるからです。

そうならないように、傍らには携帯ウィキが定番です。笑




そして、その歴史作品が面白いかどうかの分岐点は、

史実と違う部分!だと思います。


歴史に忠実に話を進めていくことも大事ですが

作者が独自に創作したエピソードやキャラクターこそが

その作品の良し悪しを決めるポイントだと、私は考えます。

そこを見極めながら、歴史漫画を楽しむと
いっこのお話で、ふたつもみっつも面白いです。


歴史漫画を読みながらウィキペディアスタイル。

みなさまも、いかがですか?笑



 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

harappa

最近の記事

コメントありがとうございます

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード